×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メイン画像

会社設立ナビ TOP >> 資本金の払い込み

資本金の払い込み

定款の認証が済んだら、次は発起人が書面をもって会社の設立に際して発行する
株式の総数を引受け、遅滞なくその発行価額の全額の払込みをします。

つまり、「わが株式会社●●●は、資本金を300万円にする」と定款に定めたら
300万円をその資本金の払い込みとして、銀行に払いこむ必要があります。

そして、資本金の払いこみがあったことを証明する
「払込金受取証明書」を金融機関に発行してもらいます。

金融機関は、近くの銀行でOKです。
また、銀行以外では下記のような金融機関が有効です。

  • 信託会社
  • 信用金庫および信用金庫連合会
  •   
  • 信用協同組合および信用協同組合連合会
  • 農業協同組合および農業協同組合連合会
  • 商工組合中央金庫
  • 労働金庫、労働金庫連合会

※郵便局ではできませんので、ご注意下さいね。